Team Member of the Month
スポットライトチームメンバー

今津屋 美穂さん(大分県)  チームマネージャー

3人のお嬢さんのお母さんであり、心理カウンセラーの資格を持ってカウンセリングの仕事をしている“働く女性”であり、さらにシナジービジネスでも海を越えて積極的に活動するメンバー。今回は、そんな忙しくも充実した毎日を送る方、今津屋美穂さんをご紹介します。昨年9月にチームマネージャーを達成。アジアサミットでトロフィーを授与されました。 本業とシナジービジネス双方をどのようにこなしているのか、働く母としてどんな苦労があったのか、シナジービジネスにどんな思いを持っているのかなどを伺ったところ、一つ一つの質問に率直にお答えいただきました。特に女性の皆さんにご覧いただきたい内容です。

今津屋 美穂さん チームマネージャー 
■今津屋さんは現在カウンセラーのお仕事とシナジービジネスを並行して実施しておられますね。ところで、本業の心理カウンセラーとは、具体的にはどんなお仕事ですか?
個人の方に対しては心理カウンセラーとして悩みやストレスになっていることをじっくり聞いて、心のケアをさせていただきます。それとは別に、直接企業に出向いて役員の方に対してカウンセリングを行ったり社員の方々を集めてコーチングを行ったりする企業カウンセラーとしての役目も負っています。実はこの数日も東京の某企業に出向いていて、たった今戻ったところです。

■ お疲れのところお時間をいただいてすみません。その東京でのお仕事の前にはシナジーのトレーニングにも参加なさっていましたね。
はい、韓国のダブルプレジデンシャルエグゼクティブ、ファン・ユンテさんと日本のパールエグゼクティブ、小田貴さん主催の一泊二日のトレーニングがあって、それに参加させていただいた後、その足で企業さんに出向いてこちらも二日間のカウンセリングを行ってきました。副業本業ぶっ続けでしたけど、ファンさんのトレーニングはシナジービジネスの中だけに留まらず、人としての生き方有り方のような部分にまで触れるような内容です。心に残るいいお話がたくさん聞けるので、本業のカウンセリングのほうにも良いヒントを与えてくれます。もちろんカウンセリングの現場でシナジーについて話したりするわけではありませんけど、トレーニングで心を揺さぶられたことをカウンセリングの内容に反映させてお話することも、時にはありますね。「こんなお話を聞いて、私はとても感動しました」というように。

■本業のカウンセラーとしての視点が副業であるシナジービジネスに活かされる、というより、シナジービジネスへの取り組みが本業に良い影響を与えている、という意味でしょうか?
はい、ファンさん率いるイーグルスグループのシステムに触れ、ファンさんが提唱するプログラムを学んでいくことで、30年後、40年後の自分がどうあるべきかということが見えてきます。そして、30年後にその問いに対して自分は答えが出せると確信できました。そんな自信のようなものを心に持った状態で企業の役員クラスの方たち一人一人と対話することで、彼らにとっての問題点を引き出したり、その因子に気付くように導いたりすることができるようになったのだと思います。怪我をされたりして2軍落ちしたアスリートを心理面から支えて復帰を手助けするメンタルトレーニングにも携わっているのですが、現代社会では、人が作って人が壊すということがよくあるので、一人一人とじっくり対話する中で原因や解決策が見えてくるのだと思っています。そんなところもシナジービジネスに通じますね。

■心理カウンセラーのお仕事に就いたきっかけは?
実は私はシングルマザーです。元の夫が企業さんをコーチングするスクール業を全国で展開していて、その手伝いをしながら培った経験があったので、離婚後にその経験を生かそうと学校に通って資格を取りました。
その背景には三女がアトピーで苦しんだことがありました。三女はまだ小学生ですけど、生まれたときからアトピーがひどかったので、三女のためにと思って玄米を主食に有機野菜や無添加食品を摂る食事療法とか、英国で開発されたエッセンシャルオイルのセラピーとか、自然治癒力を高める療法など様々なアトピー対策を勉強していく中で、心と肉体はつながっているということを学び、その延長として心理カウンセラーの資格取得にチャレンジしたんです。

■シングルマザーで子育てや家事を一人でやらなくてはならず、しかも三人もお子さんがいながらの勉強は大変だったでしょうね・・・。
英国発祥のセラピーの資格を取る時は、実際にイギリスにも行きました。3~4か月はかかりましたね。心理カウンセラーの資格を取るにももちろん心理学の勉強からするのですが、勉強の間子供のせわをしてくれたのが、二人の母だったんです。 私の母は教師でしたが、私が離婚した年がちょうど定年だったこともあって、孫のためにって全面的にサポートしてくれました。そのおかげで私は資格取得の勉強に打ち込むことができたんです。
それからもう一人の母、私には義母にあたる離婚した元夫の母ですけど、彼女がとても私をかわいがってくれて・・・。普通日本では離婚したら相手のお母さんとの縁も切れることが多いと思いますけど、離婚後も週末には娘たちをみてくれたりして応援してくれました。この二人の母の支えで資格も取れたし、シナジーの仕事ものびのびとさせていただいてます。

■ シナジーの仕事のほうも応援してくださっているということですね?
最初は本業とシナジーがどう繋がるのか理解されなくて、結局『物売りの営業』じゃないかと思われたこともありましたけど、実際に製品の良さを知るに至って応援してくれるようになりました。
Before            After

母たちがどうして納得したかと言うと、まず、私がプロアルギナインプラスをメインにしたプログラムでボディメンテナンスに成功したことが一つ。これは韓国のファン・ユンテさんとそのグループが中心となって推し進めているプログラムで、身体の中をすっきりメンテナンスしたうえで栄養を摂っていこうというものなのです。プログラムの詳細は省きますが、うちでは既に普段から玄米や有機野菜を摂るなど食事には気をつけていましたし、その上でこのプログラムを実行したところ、1か月で8kgくらい体重が落ち、身体の中からすっきりしました。 Before/Afterの写真を見ていただけますか?かなりすっきりしたでしょ? この成功で気をよくした私は、アトピーの娘にもプロアルギナインプラスを飲ませてみることにしたんです。本来18才以下の子供は体内のNOは十分足りているのでさらなる補給は必要ないのですが、藁にもすがる思いで試してみることにしました。なにしろ娘のアトピーは衣類と皮膚が触れるとこすれたところから水分が出てしまうくらいひどくて、一年中特殊な包帯を巻いている状況でした。夏でも半袖を着られないし、直射日光を浴びたりプールで泳いだりすることもタブー。頭皮もひどくなっていて髪をとかせないほど。もちろん娘自身も辛かったし、付き添う私もスーパーなどであらぬ疑いをかけられて辛かったですね。包帯だらけの娘を連れていることで、親の私が虐待しているんじゃないかっていうひそひそ声が聞こえてくるんです。時には母が医者に連れて行ったり、私なりに勉強した食事療法を実践したり、イギリスで資格を取ったセラピーを施術したりといろいろな対策を取りながら、並行してプロアルギナインプラスを通常の倍くらいの水で薄く溶いて飲ませていたところ、1か月半くらいでしょうか、なんと包帯がいらなくなったんです! プロアルギナインプラスだけではなく、ベラジェルやミスティカ、ハーバルDTなど、いろいろな製品の力を借りましたけど、どれも娘に合っていたようですね。試した様々な手段の総合力なのかもしれませんが、このことで両親もシナジー製品の質の高さを認めてくれたし、包帯だらけだった三女を知っている方達も驚いて、「その製品を使ってみたい、仕事にしてみたい」という人が増えていって今に至るというわけです。

■ お嬢さんは本当に良かったですね。今津屋さんにとってもLeave a Legacyの実現になりましたね。
最近の娘は本当に明るくなりました。以前は人と目を合わせられない子で、自分から手を挙げて発表するってこともできなかったし友達に遊ぼうって声をかけることもできなかったのに、最近では自信が持てるようになったのでしょうね、友達を連れてきて積極的に遊ぶようになりました。まさに身体から心に癒しが広がったということだと感謝しています。

■ スポンサーの佐藤さん、ひいては韓国のファン・ユンテさんとの出会いが今津屋さん親子の人生を変えたと言っても過言ではないかもしれませんね?
2年半前にスポンサーの佐藤秀一さん(チームディレクター)を通じて韓国のファン・ユンテさんとイーグルスシステムに出会い、いろいろな意味で目を開かされました。トレーニングのために佐藤さんと韓国にも行きましたが、エグゼクティブレベルのトップリーダーの方達が自ら動いて準備されていたり、何かあれば夜中でも相談に応じてくださったりと、その謙虚な奉仕の精神に驚かされました。私たちがトレーニングに参加することで、佐藤さんは長時間の通訳を強いられます。本当に大変だと思いますが、時間に関わりなく動いてくださって本当にありがたいと思っています。
離婚当初はこれからどうしたらいいんだろうと悩んだこともありましたけど、二人の母に支えられ、今またシナジーや佐藤さん、ファンさんと出会って、しかもこのスポットライトに出られて本当に幸せだと感じています。まさにクリスマスプレゼントをいただいた気分です(笑)(注釈:インタビューは昨年12月24日に実施されました)
もし自立を求める女性にアドバイスさせていただけるとしたら、どんな状況下でどんな条件であっても、また、どこに住んでいるかどんな女性かも関係なく、シナジーを信じ、スポンサーやアップラインを信じてついていけば、成功への道は開けるのだと言いたいです。何が何でも守りたいものがあるのなら、やり続けることです。自分が目指す成功は、反復しながら続けることで実現するのだと信じます。

シナジーワールドワイド


CONVERSATION

Instagram

Follow Us